Mita 3,4-chome District Class 1 Urban Redevelopment Projects

「三田三・四丁目地区 第一種市街地再開発事業」

東京サウスゲートの新たなランドマークとランドスケープの創出

品川駅及び新駅を含む国家戦略特別区域に含まれたエリアに位置する。国際的ビジネス拠点として、多様な機能が集積する魅力ある新拠点の形成を推進する事を目標に掲げている。約3万㎡の敷地に対して、約1万㎡の緑豊かなオープンスペースを確保している。特に敷地中央の崖線の形状を利用した斜面緑地は、都内でもまれな規模の緑化空間を創出している。敷地中央部に配置される複合棟1は、地上42階、高さ215mの超高層のオフィスビルで、隣接する住友不動産三田ツインビル西館と共に、東京サウスゲートの新たなランドマークとなる。再開発等促進区を採用し、関係コンサルタントと共に各官庁との協議を進め、2017年に都市計画決定を受けた。2023年竣工予定となる。

竣工年
2023(予定)
所在地
東京都港区
延床面積
225,577㎡
階数
地上42階地下3階
構造
S/SRC/CFT/RC

お問い合わせ

弊社への依頼、相談などにつきましては、以下よりお問い合わせください。

Mita 3,4-chome District Class 1 Urban Redevelopment Projects

Mita 3,4-chome District Class 1 Urban Redevelopment Projects