AJINOMOTO Takanawa Training Center

「味の素 高輪研修センター」

主体性を引き出す対話型研修空間

日本発の世界企業としてグローバルに展開する味の素グループの人材育成の拠点である。
グループ企業の研修活動を主たる機能としながらも、併設される図書・展示施設の一般利用者にも配慮した交流空間が求められていた。中央を縦断する吹き抜けは、階層毎に多様な研修スペースを公開共用部まで含めて一体化し、地階に至るまで自然光が取り込まれる空間全体を<研修の場>と捉えるプログラムである。
都心一等地の近隣住宅に対し開口を控えたファサードや視線/日射制御のルーバー等の構成は、各階で異なる空間機能に対応しており、その外観は方角に合わせて多様な表情を生み出し、住宅密集地の中で地域環境に調和する建築を目指している。
敷地はグループ創設者一族の旧自邸跡地であり、旧日本家屋の貴重部材や諸室は保存され、内装への利用や復元によって、目に触れる伝統の継承が意図されている。前面道路からも庭園を見通せるエントランスホールを中心に、企業内の人と人、企業と地域、歴史と現在を結んでいる。

・受賞:
東京建築賞/日事連建築賞/日本免震構造協会賞/日本建築学会作品選集
竣工年
2004
所在地
東京都港区
延床面積
6,248㎡
階数
地上3階地下1階
構造
S

お問い合わせ

弊社への依頼、相談などにつきましては、以下よりお問い合わせください。

AJINOMOTO Takanawa Training Center

AJINOMOTO Takanawa Training Center