Kama city hall

「嘉麻市庁舎」

遠賀川の畔に佇む「矩形」の市庁舎

福岡県の中央に位置(筑豊地方)する嘉麻市には、北部九州最大の川である遠賀川の源流がある。遠賀川の恵みを享受することで、古来より稲作文化が形成、近代からは石炭産業が発達した。周囲が山林で囲まれた嘉穂盆地内に位置し、季節・時間によって風向きが変化する盆地特有の風環境である。2016年4月の熊本地震を受け、九州内で実質的に最初に公告された市庁舎のプロポーザルが嘉麻市新庁舎計画であった。また、合併特例債活用期限の2020年3月竣工が求められていたため、自然的要因(熊本地震)と社会的要因(合併特例債)の狭間で計画を進める点も大きな特徴であった。以上のような背景から、遠賀川の恵みや盆地特有の環境を最大限に生かしつつ、安心・安全性確保とイニシャルコスト縮減を両立した合理的なデザインを追求した。時代背景・地域環境に対して純粋に応答することが、この市庁舎建築の姿勢としてふさわしいと考えた。

・受賞:
日経ニューオフィス賞 九州沖縄ブロックニューオフィス推進賞 九州経済産業局長賞/グッドデザイン賞/日本サインデザイン賞 銀賞 九州地区賞/ウッドデザイン賞/福岡県美しいまちづくり建築賞/福岡県木造・木質化建築賞/建築九州賞 佳作/照明デザイン賞/コンクリート工学会賞 作品賞/日本免震構造協会賞 作品賞
・写真撮影:
八代写真事務所
竣工年
2020
所在地
福岡県嘉麻市
延床面積
9,652㎡
階数
地上6階
構造
RC/一部S

お問い合わせ

弊社への依頼、相談などにつきましては、以下よりお問い合わせください。

Kama city hall

Kama city hall