ごあいさつ

私たち久米設計は、1932年に久米権九郎による個人の建築家設計事務所(アトリエ事務所)として創設され、現在では約650人の組織に成長しました。

久米設計の特徴は、事務所、庁舎、教育・文化施設、病院、ホテル、商業など様々な用途の設計実績をバランス良く有し、恵比寿ガーデンプレイスのような大規模複合開発から比較的小規模の単一用途の建築まで、国内外を問わず幅広く対応できる点にあると考えています。近年では、社員一人ひとりが、クライアントの皆様に寄り添っていく設計者や技術者として、そうした技術力だけでなく人間力も磨いていくことを重視しています。
さらに、高度化し複雑化した社会の中で、クライアントの皆様が直面する建築や都市に関する様々な課題に対して、ワンストップで問題解決を可能にする「トータル・ソリューションファーム」としての体制づくりも行っています。

私たちはこれからも、「技術とデザインの融合」を目指した創設者の、建築家であると同時に実業家としての精神を脈々と受け継ぐ「アトリエ型組織設計事務所」として、設計者・技術者の個性を大切にした設計活動を主軸としながら、不動産活動やサービス運営といった分野での支援も積極的に行い、クライアントの皆様や社会のニーズに幅広く応え、貢献していきたいと考えております。

株式会社久米設計 代表取締役社長
藤澤 進