Four Seasons Hotel Kyoto

「フォーシーズンズホテル京都」

日本らしさを世界基準のホスピタリティーデザインに昇華

世界観光都市ランキングで必ず上位に入り、多くの観光客が集まる京都で長年求められてきた、ラグジュアリーホテルの整備プロジェクト。57室のホテルレジデンスを含む180室の客室を有する。
京都の歴史的景観を保全し、敷地内に残る800年以上の歴史を有する庭園「積翠園」を活かすため、行政や事業主との多くの協議と、客室配置や平面形状の検討を重ね、鍵形の平面形状に至った。これにより各客室は多様な眺望をもち、宿泊客は、ここでしか味わえない京都の魅力を享受できる。また、高さ制限があることから、地上部の階高を3150㎜とし、275㎜のフラットスラブを採用することで、梁型のない空間として客室の天井を最大限高くするよう計画した。建築の内外に、日本建築の様式や素材を取り入れながらも、どこかしら新しさを感じ取ることのできる、"JAPANESQUE(日本らしさ)"を実現することにも成功した。

・受賞:
Hospitality Design Award
・写真撮影:
伸和/ナカサアンドパートナーズ
竣工年
2016
所在地
京都市東山区
延床面積
34,632㎡
階数
地上4階地下3階
構造
RC/一部S

DESIGN STORY 「エクスペリエンス」を大切にデザインする

お問い合わせ

弊社への依頼、相談などにつきましては、以下よりお問い合わせください。