Yebisu Garden Place

「恵比寿ガーデンプレイス」

豊かな時間と豊かな空間の創出

1984年、東京都の恵比寿地区整備計画案を基に、サッポロビールは恵比寿工場を郊外移転させることを決定し、その跡地に良好な住宅地を整備することを目的とした、特定住宅市街地総合整備促進事業によって、都市開発として取り組むことを決定した。開発者であるサッポロビールは事業の多角化に当たって"味わうライフの追求"というコンセプトを掲げ、食文化から始まって生活全般にかかわり合っていきたいという理念を打ち出していた。こうした理念に基づく、豊かで味わい深い生活をデザインすべく、この開発が単純な住宅開発ではなく、生活のあらゆる領域に関わる施設を、複合的に取り入れた複合開発として位置づけられた。 21世紀の都市空間と、未来に向けた我々の生活のあり方をイメージし、"豊かな時間と豊かな空間"の創出をキーコンセプトに、成熟した環境と蓄積された社会資本が生み出す、アメニティの高い人間的な生活のモデルをヨーロッパの都市空間に求め、街中での人々の生活演出が様々に行えるような空間を提案した。

・受賞:
BCS賞/日本建築学会賞/都市景観大賞/空気調和・衛生工学会賞/電気設備学会賞/
ショップシステムコンペティション
・写真撮影:
新写真工房、エスエス東京、小林研二写真事務所、新建築社
竣工年
1994
所在地
東京都渋谷区
延床面積
476,126㎡
階数
地上40階地下5階
構造
RC/SRC/S

お問い合わせ

弊社への依頼、相談などにつきましては、以下よりお問い合わせください。